フロイデ ケアセンター 有限会社ローゼンバルト
ホームへ戻る 会社概要
フロイデの名前の由来
フロイデの名前の由来
ご利用の前に・・・
ご利用の手続き
1日間の流れ
年間行事
アクセスマップ
リクルート
にしむら胃腸科外科医院へ

来所頂きますと、1階入り口、向かって左側にピンクの看板があります。FREUDEという文字の上に半円があり、中に四葉のクローバーを握り締めている手が描かれています。
フロイデとは、ドイツ語で“喜び”という意味です。

齢により差こそあれ、日々様々な衰えは誰にでもやってきます。しかし、それに甘んじ体や頭を休めていては、筋肉はなお痩せ細り、また、何に対しても興味は薄れるばかりです。健康な心と体は日々の地道なリハビリにより保たれるものであり、自信と喜びにつながります。フロイデのスタッフは、利用者個々に応じたリハビリメニューを手作りし、一丸となってお手伝いしようという気持ちでいっぱいです。

“四
葉のクローバーに託した喜びを利用者の皆様自らの手でつかみとって欲しい”という私たちの熱い気持ちを込めてこのマークをつくりました。
クローバーの上のRIHA MACHT FREIという短文は“リハビリ(RIHA)が自由(FREI)を創る(MACHT)”という意味です。その下のクラシックなヒゲ文字は“皆様を私達のハウスへお招きし、心からおもてなしすることが出来るならば、それは私達にとって無上の大きな喜びです”という意味で、利用者様の喜びが私達スタッフの喜びにもなるようにフロイデという名前をつけました。

Copyright  FREUDE All Rights Reserved.